シケンの取り組み[仕事と家庭の両立支援]

シケンの取り組み[仕事と家庭の両立支援]

シケンでは、次世代支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画※」を策定し、子育てを行う従業員の仕事と家庭の両立を支援するための制度や労働条件の整備に取り組んでいます。
これは、女性従業員はもとより男性従業員も、子の養育また家族の介護を行う際、不安なく「仕事」と「家庭」を両立できるよう支援するものです。また、そのような制度が活用できるような環境づくりにも力を入れ、多様なライフスタイルを持つ全社員が持てる力を十二分に発揮できる職場環境を創造し、企業価値の向上に努めて参ります。
厚生労働省のポジティブアクションポータルサイトで「女性の活躍推進宣言」をしました。

※一般事業主行動計画とは
次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う「次世代育成支援対策」を進めるため、2005年4月1日から、301人以上の労働者を雇用する事業主は、「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を届け出ることが義務付けられています。

男性の育児参加促進事業

少子化が進むなか、男性も「仕事」と「子育て」を両立できる環境整備に取り組むことがこれからの企業に要求されている課題です。シケンでは、平成19年6月、財団法人21世紀職業財団徳島事務所長より「男性の育児参加促進事業実施事業主」の指定を受け、会社全体で男性労働者の育児参加を積極的にサポートしていきます。

当社の「一般事業主行動計画」の概要第4期(平成27年4月1日から平成32年3月31日)

目標1
短時間勤務制度の対象となる子の年齢を「3歳未満」から「小学校就学前」へ拡大する。
目標2
男性の育児参加を推進するため、育児休業制度の周知をする。
・男性社員 期間内に1人以上取得すること
目標3
配偶者が出産する際の父親の特別休暇取得率を80%以上にする。
目標4
所定外労働を削減するため、時短を推進する。
・業務終了時間の目標19時(育時)を設定する。

第3期取組実績(平成23年~平成27年)

  1. 育児休業制度利用率(女性従業員)100%継続
  2. 育児短時間勤務制度取得推進(女性従業員)
  3. 父親の出産時休暇制度(特別休暇)の利用率向上
  4. 育児中の職員を対象とした雇用体系(働き方)選択制度の啓発と周知
  5. 所定外労働削減に向けての退社時間調査と時短推進

「一般事業主行動計画策定(女性活躍推進法)」策定
第1期(平成28年4月1日から平成32年3月31日)

女性が継続的に勤務できる職場風土づくりと管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

目標1
女性の平均継続勤務年数を8年以上にする。
目標2
「新」職務職能等級(評価基準)を充実させ、管理職に占める女性の割合を15%以上にする。

デジタル技工

ご相談・お問合せ

採用情報

360度VRで工場見学

歯科技工士の挑戦[スタッフブログ]

シケンFacebookページ

ページのトップへ