歯のお話

お子さまと歯

はじまりはお母さんのおなかの中

赤ちゃんの歯はお母さんのおなかの中でつくられます。妊娠2ヶ月頃に歯の芽(歯胚)が、4~6ヶ月頃にはエナメル質がつくられ、歯との長いおつきあいはじまるのです。乳歯が生えはじめるのが、生後6ヶ月~2歳頃。最初が乳中切歯、その後、前から後ろへ、上下あわせて20 本が生え揃います。
お母さんの仕上げ磨き

子供の歯

6才頃から12才頃にかけて乳歯は永久歯へと生えかわります。永久歯は親知らずを除いた28本。永久歯が出揃うまではお母さんが歯磨きの仕上げをし、正しい位置に生えてきたか、虫歯の有無や歯茎の状態など、しっかりチェックをしてください。この時期のデンタルケアの習慣は、一生の歯の健康のベースです。

生え変わり期(混合歯列期)の矯正

お子さんにとっての歯科といえば、虫歯の治療がすぐに思い浮かぶかもしれませんが、それはほんの一部分。美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守り、適切な時期に適切な治療を行うことが必要です。例えば虫歯などで万が一乳歯が失われてしまった場合には、「矯正装置(保隙装置)」を使って永久歯が出てくるための場所を確保し、きれいな歯並びへと導きます。また、歯に取り付けた「ブラケット」という装置にワイヤーを通し、少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」や、不正咬合を矯正するマウスピース型の矯正装置など、歯の状態にあわせて様々な矯正装置があります。健康なお口でしっかりかんで食べることにより、あごの発達が促され、姿勢もよく、内臓も健康になります。小さい頃から歯並びを整え、歯の健康を保つことは、一生を通じて健康で過ごすためにとても大切なのです。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正

歯を守るために~スポーツマウスガード~

小学校、中学校と、年齢が上がるにつれ、部活動などでスポーツを始めるお子さんも増えてきます。激しいスポーツでは思いがけず歯や口・顎に怪我をしてしまうことがあります。歯は折れてしまえば元には戻りませんし、口元の怪我は大事に至る可能性もありますから、マウスガードの装着をおすすめします。マウスガードは外部からの衝撃を吸収することで口を保護するとともに、間接的に脳へのダメージを軽減させ、脳震盪の予防効果もあります。弾性のある柔らかな素材で作られますからストレスを感じずに装着できます。歯科医院でとった石膏の型から、歯科技工士が製作します。大切な歯をしっかりと守ることで、最高のパフォーマンスを楽しみましょう。
激しいスポーツにマウスガード

歯のお話

歯のお話

品質を支えるもの

歯科医院リンク

デジタル技工

ご相談・お問合せ

歯科医院さま向け勉強会

営業所・技工所一覧

採用情報

360度VRで工場見学

歯科技工士の挑戦[スタッフブログ]

シケンFacebookページ

ページのトップへ