歯のお話

歯周病

歯周病は生活習慣病

ブラッシングのときや、りんごをかじったときなど歯茎から血が出ることはありませんか?もし覚えがあれば歯周病を疑った方がいいかもしれません。
歯周病は歯周病原細菌(プラーク)や咬合不良(咬み合わせが悪いこと)を主原因として、生活習慣や身体の免疫力などの要因が相互作用して引き起こされる病気です。歯の形が壊れていく虫歯に対して、歯周病では歯の周囲を支えている組織が壊れていきます。普段から口腔内には様々な細菌がバランスを保って存在していますが、口腔内環境が不衛生だったり、不摂生やストレス、喫煙などの生活習慣が加わるとバランスが崩れて病的な細菌が増殖し、歯肉炎から歯周炎へと進行していくのです。
日本人の55~64歳代の約50% がこの病気にかかっており、糖尿病とともに代表的な生活習慣病です。糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病は糖尿病のコントロールを困難にし、同時に歯周病も進行していくという悪循環に陥ります。

健康な歯ぐきと歯周炎

3DSで効果的に予防

歯周病の初期の症状は歯肉の赤みや腫れ、ブラッシング時の出血など。自覚症状のない場合もあり、進行すると口臭、膿み、歯の揺れなどの症状が顕著に現れてきます。重度になると、歯を支える歯槽骨などの組織が破壊吸収され、物を噛めなくなったり、抜歯しなければならなくなります。歯周病は残念ながら、しっかり歯磨きをしたからといって治るものではなく、原因に応じた根本的な治療により、お口の機能回復を図る必要があります。
そして、さらに大切なのは、治療後のメンテナンスです。回復した機能を維持していくためには、毎日の歯磨きと定期的な歯科検診での歯石の除去(スケーリング)や機械的歯面清掃(PMTC)に加え、予防のための3DS(3DS Dental Drug Delivery System)が効果的です。3DS は、患者様のお口にあった専用トレーを使って、薬剤を一定時間歯の表面に作用させて虫歯や歯周病の原因菌を殺菌し予防する方法です。トレーを用いることで、抗菌剤を効化的に歯面に作用させることができます。

3DSで効果的に予防

歯のお話

歯のお話

品質を支えるもの

歯科医院リンク

デジタル技工

ご相談・お問合せ

歯科医院さま向け勉強会

営業所・技工所一覧

採用情報

360度VRで工場見学

歯科技工士の挑戦[スタッフブログ]

シケンFacebookページ

ページのトップへ