歯のお話

入れ歯のいろいろ

保険の入れ歯

虫歯や歯周病などが原因で歯が失われてしまったとき、必要となるのが入れ歯です。歯茎の色をしたプラスチックと人工的な歯との組み合わせでつくります。「部分入れ歯」の場合には、それだけでは外れやすくなるので金属バネを使います。
「総入れ歯」も「部分入れ歯」も、保険内でつくることができます。審美性や耐久性よりも、噛むという基本的な機能回復を目的としているのが、保険内の入れ歯、歯科医院でとった患者様の口腔内の型をもとに、私たち技工所が製作します。
どんなに技術が進歩してもやはり技工物は天然の歯にはかないません。噛む力も少なくなりますし、取り外して手入れするのは面倒ですから、できるだけ自分の歯を大切にしたいものです。

総入れ歯と部分入れ歯

金属床の入れ歯

一般的な保険適用範囲内の義歯床がプラスチックを主材料とするのに対して、この部分を金属(チタン、金合金、コバルトクロムなどの合金)でつくる入れ歯を金属床義歯といいます。
プラスティックよりも薄くすることができますから、人によってはしゃべりやすかったり、違和感が少なくなることもあります。耐久性にも優れており、清潔で維持しやすいことも特長。しかし非常に高価ですので、保険の入れ歯ではどうしても満足できないという場合に、歯科医とよく相談して選択してください。

金属床の入れ歯

バネのない入れ歯

義歯床が弾性に富んだ特殊プラスチック素材からできており、金属バネを使用せずに固定できます。金属製のバネがお口の中にあるとどうしても見た目の美しさが損われがちですが、バネのない入れ歯であれば安心。自信を持って心おきなく笑顔になれます。また、割れにくい素材なので薄くすることができます。金属床との組み合わせも可能ですから、より快適で丈夫な入れ歯が実現します。

バネのない入れ歯

痛くない入れ歯

通常のプラスチック素材でできた入れ歯の粘膜面に、ソフトレジンを使用した入れ歯です。体温に近い温度で軟らかくなるため、入れ歯の痛みでお悩みの方におすすめです。

やわらかい入れ歯

金の入れ歯・被せ歯

金を使った歯科治療は古くは1300 年代にさかのぼるといわれており、500 年以上の年月を経て、研究・洗練されてきた治療法です。金は生体親和性(体に優しいかどうか)が良好で、アレルギー反応の起きにくい安定した素材です。被せ歯に使用した場合は、天然歯に近い硬さのため噛み合う歯にも優しく、自然な噛み合わせができます。適合性に優れているので被せ物と歯との境目からカリエス(虫歯)になりにくいのも特長。耐久性にも優れています。
見た目がゴージャスだから好きという方がいらっしゃる一方で、金は目立つので選びたくないという方もいらっしゃいますが、場所や状態によっては金を見せずに治療することも可能です。

金の差し歯・入れ歯

歯のお話

歯のお話

品質を支えるもの

歯科医院リンク

デジタル技工

ご相談・お問合せ

歯科医院さま向け勉強会

営業所・技工所一覧

採用情報

360度VRで工場見学

歯科技工士の挑戦[スタッフブログ]

シケンFacebookページ

ページのトップへ