歯のお話

インプラント

見た目も機能も天然歯により近く

インプラントの構造

歯が失われた部分の顎の骨に穴をあけて人工歯根を埋め込み、その上に人口歯冠をかぶせる治療法がインプラント治療です。強度に優れ、生体組織とのなじみもよいチタンなどでできたフィクスチャー(ネジ)を埋め込み、そのネジを土台にしてアバットメント(連結部)と人工歯冠を装着します。
埋め込んだフィクスチャー(ネジ)が骨と結合するまで、上顎で約半年、下顎で約3ヶ月ほど時間をおきます。その後、インプラントを覆う粘膜を切開して、土台を立て、冠をかぶせます。
欠けた歯を補うには、ブリッジや部分入れ歯などの治療法もありますが、ブリッジでは両側の歯を削らなければならないのに対して、インプラントではその必要がありません。また、部分入れ歯と比較しても審美性や装着感、機能の点で優れています。その他、総入れ歯を安定させるための維持部としてインプラントが利用されることもあります。

インプラントの構造

インプラントは機能も形態も、天然歯の状態により近づけることのできるすぐれた治療法ですが、その歴史はまだ浅く、また、残っている骨の量や状態、全身状態によっては。どんなケースにも適応できるものでもありません。時間がかかること、自由診療となることも難点です。どんな治療法もそうであるように、インプラントにも一長一短がありますから、歯科医から十分説明を受け、理解を深めた上で、一番ご自身に合った方法を選択してください。

歯のお話

歯のお話

品質を支えるもの

歯科医院リンク

デジタル技工

ご相談・お問合せ

歯科医院さま向け勉強会

営業所・技工所一覧

採用情報

360度VRで工場見学

歯科技工士の挑戦[スタッフブログ]

シケンFacebookページ

ページのトップへ