歯のお話

歯科技工って何?

歯とお口の健康を支えるために

失われた歯の形や機能を回復し、見た目を損なわないようにすることを歯科技工といい、そのための製作物が歯科技工物です。私たち歯科技工士が歯科医師と連携し、患者さまお一人おひとりに合わせてさまざまな歯科技工物を提供し、長い一生の折々の場面で患者さまの歯とお口の健康を支えています。
歯科技工物には、虫歯の治療で行われる詰め物(インレー)や土台(コア)、被せ物(クラウン)、ブリッジなどの「歯冠修復物」と、入れ歯と呼ばれる「有床義歯」、歯並びを治すための「矯正装置」、人工歯根を埋め込んで失われた歯を修復する「インプラント技工」、白く美しい歯のための「ホワイトニング用マウスピース」などがあり、その技法や技術はどんどん進化しています。

保険診療と自由診療

インレー、クラウン、ブリッジ、入れ歯にはそれぞれ、金属やプラスチック、セラミックなど、様々な材料があります。そして材料や適応箇所により、保険適用のものと適用外(自由診療)のものが細かく定められています。
たとえば保険診療では、前歯は見た目を白くするためにプラスチックを使うことができますが、奥歯は基本的に金属冠しか認められていません。※注1
また、セラミック素材はすべて保険適用外です。「矯正装置」「ホワイトニング用マウスピース」や、またほとんどの場合「インプラント技工」にも保険は適用されません。保険は国民全員が「最低限の治療」を受けられるようにする制度なので、審美目的や予防目的での歯科治療に関しては、保険ではカバーされていないのが現状です。材料にも治療法にもそれぞれメリット・デメリットがありますから、しっかり歯科医と相談して、お口の状態やご自分の価値観や経済状態に合うものを選んでください。
※注1 2014年4月1日より、小臼歯に限り、ハイブリッドレジンブロックを素材とする「CAD/CAM冠」が保険適用になりました。

虫歯になった
  保険診療 自由診療
詰め物(インレー)

メタルインレー

メタルインレー

自由診療のインレー

e.max
ハイブリッドセラミック

被せ物(クラウン)

メタルクラウン

レジン前装金属冠(前歯)
メタルクラウン(臼歯)
CAD/CAM冠(小臼歯)

自由診療のクラウン

ジルコニア
フルジルコニア
e.max
メタルボンド
ハイブリッドセラミック

土台(コア)+
被せ物(クラウン)

メタルコア

メタルコア

ファイバーコア

ファイバーコア

歯が抜けてしまった
  保険診療 自由診療
被せ物(ブリッジ)

保険診療の被せ物

レジン前装金属冠(前歯)
メタルクラウン(臼歯)

自由診療の被せ物

ジルコニア
フルジルコニア
e.max
メタルボンド
ハイブリッドセラミック

入れ歯(デンチャー)

保険適用義歯

保険適用義歯

自由診療の入れ歯

金属床
ノンクラスプデンチャー

インプラント

インプラント

インプラント

歯を白くしたい 歯並びを良くしたい 歯周病が気になる
自由診療 自由診療 自由診療
ホワイトニング 矯正 歯周病予防
ブリーチングトレー 歯列矯正 3DSトレー
ペリオ・スプリント

歯のお話

歯のお話

品質を支えるもの

歯科医院リンク

デジタル技工

ご相談・お問合せ

歯科医院さま向け勉強会

営業所・技工所一覧

採用情報

360度VRで工場見学

歯科技工士の挑戦[スタッフブログ]

シケンFacebookページ

ページのトップへ